その12

 髪の毛製作に再トライします。
 Shade6の毛生えプラグイン Marimo を使ってみます。

←「まち ポートレート2003」

 左は「Marimo」の使用例。
 ポリゴンの面一つ一つから毛を生やす設定をした例。
 (えらい時間がかかった)

 また、毛の長さと向きをコントロールするのに苦労した。
 手抜きっぽいが、こういう髪型もありかと...

 なお、このデータはその後クラッシュするという悲劇が...(涙)。


 「Marimo」では面から毛を生やす方法以外にガイド形状に沿って毛を生やすができる。
 次はガイド形状に沿って毛を生やす方法を試してみる。

←単純な形状でテストした画像...

 

 と、ごちゃごちゃとした理屈は抜きで製作開始。
 迷わず作れよ、作ればわかるさ。

 製作過程。「いい感じ」って難しい。

 毛の長さ、本数、向き、ちぢれ、などひたすらガイド形状を修正。
 そしてパラメータをいじる。

 テストレンダリング。

 「きれいなおねえさんは、好きですか。」....生首っぽいよ。
 だって生首だもーん。

 その13へ。