モデリングその7

 眼球のモデリングを行います。

 左図は球体2つを並べた仮のもの。
 これをテンプレートにして作りこむ。
 各「球」を「自由曲面」に変換し、球のへそが前面にくるように回転させる。

 白目形状の98%サイズのコピーをつくる。
 98%が眼球の本体、100%はツヤ出し用とする方針。
 (図ではわかりにくいが...)

 白目形状の100%と黒目形状(仮)の交差するところにコントロールポイント追加。
 黒目(角膜)と100%白目の必要な形状のみ残す。
 そして各形状の分割数をふやしてみた。
 これを眼球の外側形状にする方針。
 (またまた、図ではわかりにくいが...)

 98%白目形状を左図のような感じに仕上げる。

 眼球のマッピングをしてみます。
 マップ書きが下手なのがついにバレます。

 Shadeの自由曲面の特性を生かし、瞳に左図のようなマップを貼ってみる。

 白目部分には左図のようなマップを貼ってみる。

 98%白目形状を左図のような感じに仕上げる。

 眼球の外側形状をを透明に設定、色を補正。
 すると色設定が真っ黒に...。

 とりあえず眼球が大まかに完成。
 その8 へつづく。